化粧品公正取引協議会 - COSMETIC FAIR TRADE CONFERENCE -

コスメチックQ&A - スキンケア化粧品

スキンケア化粧品
肌を常に清潔に保つとともに外的刺激から保護し、肌本来の働きが正常に機能するようサポートして、健やかに美しく整える化粧品です。
クレンジングと洗顔料には様々な種類がありますが、どう違うのですか。

イメージ:メーク落とし

 クレンジング(メーク落とし)はメークアップを、洗顔料はホコリ・汗・皮脂などの汚れを落として、肌を清潔に保つ化粧品です。

 クレンジングは、クリーム、オイル、ジェル、ローション、乳液などのタイプの違いの他に、クレンジングと洗顔料を兼ねたものや、濡らした手でも使えるクレンジングなど、様々な種類の製品があります。

 また、洗顔料も石けん、フォーム、ローション、乳液、粉末などのタイプの違いの他に、スクラブ入り洗顔料など様々な種類の製品があります。

 それぞれ、メークや汚れの程度、使っているときの感触の好みや、使い勝手、季節による肌の状態などを考慮し、目的に合わせて最も適した製品をご使用ください。

クレンジングと洗顔料の種類

クレンジング
  1. ①比較的濃いメークを落とすクレンジング
    • クリームタイプ
    • オイルタイプ
    • ジェルタイプ
  2. ②普通程度のメークを落とすクレンジング
    • クリームタイプ
    • 乳液タイプ
    • ローションタイプ
  3. ③目的別クレンジング
    • 落ちにくい口紅やアイメーク専用タイプ
    • ウォータープルーフの日やけ止めを落とす専用タイプ
    • 携帯用のウェットティッシュタイプ など
洗顔料
  1. ①通常の汚れを落とす洗顔料
    • 固形石けん
    • クリームタイプ
    • 乳液タイプ
    • ローションタイプ
    • 粉末タイプ
  2. ②特殊な洗顔料
    • スクラブ入り洗顔料(古くなった角質や毛穴の汚れを落とす)
    • 酸素入り洗顔料 など
ふつうにクレンジングしてもアイメークがきれいに落ちません。

イメージ:ポイントメーク落とし

 アイメークや口紅などのポイントメークは、色を重ねたり、塗り直したりすると、他の部分より落ちにくくなることがあります。

 クレンジングするときにはまず目もと口もとのポイントメークをていねいに落としてから、その後全体を落とすようにするとよいでしょう。

 それでも落ちにくい濃いメークのときや、涙や汗に強いウォータープルーフタイプの場合には、ポイントメーク専用、ウォタープルーフタイプ専用のクレンジングを使いましょう。しっかり落とすことができます。

はがすタイプのパックは、なぜ目のまわりに使ってはいけないのですか。

イメージ:目もとパックいろいろ

 目のまわりの肌は、顔の中で最も薄く敏感な部分です。塗って乾燥させてはがすタイプのパック(ピールオフタイプのパック)は、肌を緊張させ、ピーンと張った状態をつくるので、目のまわりの肌には負担になります。

 また、パックには、乾燥を促進させるために少量のアルコールが含まれていることもあるので、目のまわりに塗ったときに目に刺激を感じさせる心配があります。これはクリームタイプのパックでも同様です。

 まぶたや目のまわりには、はがすタイプのパックはもちろん、クリームタイプのパックも使用しないようにしましょう。なお、目もとのお手入れ専用のパックもあります。

美白化粧品にも、紫外線防止効果はあるのでしょうか。

 美白化粧品、ホワイトニング化粧品は、紫外線が原因でできるシミ・そばかすを防ぐ目的で、肌のお手入れに使用するスキンケア化粧品です。紫外線の防御を目的としたものではありません。

 「UV」「ホワイト」などの言葉に迷うところですが、商品には、紫外線を防ぐ効果があるのか、紫外線が原因でできるシミ・そばかすを防ぐ効果があるのか、もしくは両方の効果があるのか必ず明記されています。名前やキャッチフレーズだけでなく、表示をよく読んで選ぶようにしましょう。

〔出典:日本化粧品工業連合会編「コスメッチックQ&A事典」〕